1. トップ
  2. ARTIST
  3. 福田 桜
shadowbox art cottage
福田 桜
横浜・保土ヶ谷でシャドーボックス教室 art cottage(アートコテージ)を開催。
大学で情報科学を学び、IT系の仕事をしていましたが夫の海外赴任を機に仕事を退職。アメリカで子育ての傍ら趣味の時間を多く持つことになりました。
フェルト、刺繍、フラワーアレンジメント、アクセサリーなど色々なハンドメイドをかじり、最後に辿り着いたのがシャドーボックスでした。
絵心がない私にも素敵な作品が作れる。絵に奥行きをつけることで、3Dの世界が広がってゆく。
絵や写真を見ると「これはシャドーボックスにしたら素敵になりそう」という目線で観察してしまうようになり、どんどんその世界にはまっていきました。技術の奥が深く、自分でもビックリするぐらい魅了されました。
MONOTORYでは誰でも気軽に体験できる、かつシャドーボックスの醍醐味を少し感じていただける内容をご用意しています。
この不思議なアートの世界をぜひ感じてみてください。

HP / Instagram は以下よりご覧いただけます。

【保有資格】
-shadow box Art Cottage認定講師(アメリカにて取得)
-シャドーボックス・ラ・マーニ認定講師(日本にて取得)

【受賞歴】
-第51回創作手工芸展 特別賞
-第7回シャドーボックス展 グループ賞

シャドーボックスは、 紙の彫刻とも言われるペーパークラフトです。
厚紙のプリントを何枚か使い、1枚ごとに違った切り口でカットし、高さをつけながらシリコンボンドを使って重ねていきます。
平らな紙をそのまま重ねるのではなく、カットしたパーツを湾曲させて、より本物に近い凹凸をつけて成形します。すると、平らだったプリントが、奥行きのある立体絵画に変化していきます。
日本ではまだまだ競技人口が少ない分野ですが、もっと身近に感じてもらい、体験していただければ幸いです。