1. トップ
  2. WORKSHOP
  3. 春らしいチューリップのシャドーボックスづくり
その他

春らしいチューリップのシャドーボックスづくり

アーティスト : 福田 桜

チューリップのプリントで、春らしいシャドーボックス作品を作ります。
シャドーボックスとは、紙の彫刻ともいわれるペーパークラフト。厚紙のプリントを何枚か使い、1枚ごとに違った切り口でカットし、高さを付けながら、シリコンボンドを使って重ねていきます。平らな紙をそのまま重ねるのではなく、専用の道具でカットしたパーツを湾曲させて、より本物に近い凸凹をつけて成形。そうすることで、平らだったプリントが、奥行きのある立体絵画に変化していきます。
こちらのワークショップでは、立体的にチューリップを表現。パーツが重なるごとに絵が立体化していく面白さを、ぜひ体感してみてください。お部屋を春らしく演出する可愛らしい作品ができます。

※作品サイズ:約16cm x 12cm x 1cm (額を閉じている状態)
※2時間~2時間半で1つの作品が完成し、そのままお持ち帰りいただけます。
※写真では、薄いピンク色の格子柄の台紙に作品をのせておりますが、当日お選びいただけます。

【当日の流れ】
1. 講師紹介と道具の説明
2. シャドーボックスづくり開始
3. プリントのカット
4. カットしたパーツの成形
5. パーツの組み立て
6. お好みの台紙の柄を数種類から選び、額にセットする
7. ピンクの額に作品を乗せる
8. 完成

RESERVEワークショップ予約

(曜日)
時間
残り:-
予約する 受付終了

RECENT WORKSHOP